OpenLiteSpeedにBrotliの設定

提供: OpoenLiteSpeed非公式Wiki-日本語版
移動先: 案内検索

OpenlitespeedはBrotliという圧縮形式に対応しています。

Brotli(ブロトリ)とは何?[編集]

Brotli(ブロトリ)とは、Googleが開発した新しい圧縮形式となります。gzip圧縮よりも圧縮率が高い圧縮技術となります。

設定方法[編集]

OpenlitespeedではBrotliの設定がコントロールパネルよりできるようになっています。

管理画面へログイン[編集]

管理画面へログイン画面

サーバー設定をクリック[編集]

サーバー設定をクリック

チューニングをクリック[編集]

チューニングをクリック

GZIP/Brotli Compressionを編集[編集]

GZIP/Brotli Compressionを編集

設定を変更します

  • 圧縮を有効にする:はい
  • 圧縮可能なタイプ:text/*, application/x-javascript, application/xml, application/javascript, image/svg+xml, application/rss+xml
  • 動的圧縮を有効にする:はい
  • 動的圧縮を有効にする:6
  • 圧縮レベル(動的コンテンツ):6
  • 静的ファイルの自動更新:はい
  • GZIP Compression Level (Static File):6
  • Brotli Compression Level (Static File):7
  • 静的GZIPキャッシュディレクトリ:未設定
  • 最大静的ファイルサイズ(バイト):10M
  • 最小静的ファイルサイズ(バイト):300

圧縮レベルは中間を選択しています。設定変更をしたら再起動します。

確認[編集]

logwを使って確認してみます

トップページ[編集]

トップページ

赤枠を確認するとgzipとなっています。圧縮成功しています。

js or cssファイル[編集]

トップページのJSファイル

赤枠を確認するとbrとなっており、Brotliの圧縮となっております。

無事に圧縮確認とれました。

疑問[編集]

jsファイルはBrotliでしたが、トップページがgzipなのは何故か?

WordPressなど動的のため[編集]

WordPRessなどPHPで動的処理をする場合はBrotliはモジュールをインストールしないとできないです。キャプチャーサイトはWordPressのためgzipとなりました。