OpenLiteSpeedの管理画面のIP制限

提供: OpoenLiteSpeed非公式Wiki-日本語版
移動先: 案内検索

管理画面にIP制限をかけていて、オフィスや固定IPの変更などがあった場合時既に遅し状態になる事があります。そんな時の救済方法となります。

コマンドでIP制限を変更する[編集]

管理画面はIP制限がかかると403となってしまいます。そうするとログインができなくなり非常に困る事になります。そんな時はコマンドで無理矢理IP制限を変更します。

該当ファイル[編集]

openlitespeedの管理画面のIP制限の設定をしているファイルはadmin_config.confとなります。rootユーザーになって作業します。変更するのはaccessControlの箇所だけになります。

これでOKです。

新しい接続元IPが分かっている場合[編集]

vi /usr/local/lsws/admin/conf/admin_config.conf

enableCoreDump            1
sessionTimeout            3600

errorlog $SERVER_ROOT/admin/logs/error.log {
  useServer               0
  logLevel                INFO
  rollingSize             10M
}

accesslog $SERVER_ROOT/admin/logs/access.log {
  useServer               0
  rollingSize             10M
  keepDays                90
  compressArchive         1
}

accessControl  {
  allow                   新しいIPアドレスをここにいれる
  deny                    ALL
}

listener adminListener {
  address                 *:7080
#address                 127.0.0.1:7080
  secure                  1
  keyFile                 $SERVER_ROOT/admin/conf/webadmin.key
  certFile                $SERVER_ROOT/admin/conf/webadmin.crt
  clientVerify            0
}

新しいIPアドレスを設定したら、再起動します。管理画面に入れないためコマンドで再起動をします。

service lsws restart

これでOKです

新しい接続元IPが分からない[編集]

固定IPがわからない。もしくは固定IPでなくなった場合は、以下の様にします。

enableCoreDump            1
sessionTimeout            3600

errorlog $SERVER_ROOT/admin/logs/error.log {
  useServer               0
  logLevel                INFO
  rollingSize             10M
}

accesslog $SERVER_ROOT/admin/logs/access.log {
  useServer               0
  rollingSize             10M
  keepDays                90
  compressArchive         1
}

accessControl  {
  allow                   ALL
}

listener adminListener {
  address                 *:7080
#address                 127.0.0.1:7080
  secure                  1
  keyFile                 $SERVER_ROOT/admin/conf/webadmin.key
  certFile                $SERVER_ROOT/admin/conf/webadmin.crt
  clientVerify            0
}

いれたら再起動します

service lsws restart