OpenlitespeedでPHPのパスを変更

提供: OpoenLiteSpeed非公式Wiki-日本語版
移動先: 案内検索

OpenLiteSpeedはデフォルトでPHPのバージョンを確認する場合、/usr/local/lsws/fcgi-binに移動をしないといけません

デフォルトのPHPは/usr/bin/php[編集]

yumなどでインストールした場合、PHPは/usr/bin/phpに入ります。PHPのコマンドで php -v といれるとPHPのバージョンが表示されるのは/usr/bin/phpを見に行っています

パスを変更する[編集]

yumでインストールしたみたいにphp -vといれたらバージョンが表示されるようにしたいと思います

システム全体で使う[編集]

システム全体で反映されるようにします。どのユーザーでもコマンドが使えるという事になります

# vi /etc/profile.d/php.sh
export PATH="/usr/local/lsws/lsphp7/bin/:$PATH"

# source /etc/profile.d/php.sh

パスをlsphpに変更します。これでPHPコマンドが使えるようになります